トップへ
機関紙?

  ロンド・第45号  平成5年6月7日発行 

例年よりはやく梅雨入りしましたが皆様はお健やかに踊りを楽しんでいらっしゃることと思います。各サークルともミニスクールが終了し、今月からはパーティーに向けての練習にお励みのことでしょうね。

第1回 理事会からの報告
  ○協会主催の伝達講習会会費
    申込時    500円      当日参加   800円
    尚、不参加の場合は300円返金する。
  ○各サークルの臨時例会参加費
    協会会員   200円      会員外    300円

全国巡回講習会終わる
5月23日にレクダンス、6月6日にフォークダンスの巡回講習会が行われました。当協会からの参加者は次の通りです。参加して下さった皆さん、お疲れさまでした。

レクダンス (明倫小学校)
山田・竹内恵・水谷・高尾・村井和・竹内勇・本多・上野・西世古・高橋・塚本・土平・畑・中村伸・中村倭・梅川・野田・森本・米山・坂本・伊勢・徳田・高畠・堀尾・佐藤・山中・南・田中・山口・西村・村井正

フォークダンス (津 神戸小学校)
山田・南・田中・西村・村井和・高尾・水谷・中村加・楠木・畑・野田・森本・佐藤・徳田・西世古・堀尾・上野・上村・下田・斉藤和・斉藤・鈴木・田中伊・大月・新見

伝達講習会
全国巡回講習会種目の伝達講習会を行います。ぜひ、ご参加下さい。
とき   6月13日   1時〜4時半
ところ  サンライフ伊勢 体育館

どんな曲??
「マイムマイム」 イスラエル
講習会やパーティーで必ずといっていいほど踊られる曲、あなたも若いころファイアーを囲んで踊ったのを思い出しませんか?
「マイム」とはヘブライ語で「水」という意味です。大戦後ユダヤの人々がイスラエルの国を建て、不毛の地を開拓し、「水」を呼び込んだときの喜びに満ちた踊りだそうです。
 マイム マイム マイム マイム (オー・ヘイ・ミー) マイム ベッサッソン と
大きな声でかけ声をかけて元気に踊りましょう。

お知らせ
中島なでしこの例会が6月13日より日曜日に変更になります。

バルカン・イスラエル特別講習会
  6月20日   1時〜4時半
  サンライフ伊勢 体育館
名古屋から坂本武志先生をお迎えします。基本ステップからやさしく教えていただけるそうですよ。皆さん、こんないいチャンスをのがさないで!!

※ フォークダンスでいうバルカン地方とはブルガリア・旧ユーゴスラビア・アルバニア・ギリシャ・ルーマニアの5ヶ国をいいますが、踊りの共通性からいうとトルコも含めることが出来るようです。バルカンとはトルコ語で「山脈」の意。

今回は、いつもサークルの事を考え、サークルのために動き、工夫していらっしゃる各会長さんにコメントをいただきました。スペースが狭すぎてごめんなさい。

フォークダンスと私
修道コスモス   中村 倭文子
私にとってフォークダンスとは、西世古先生を始め外の指導者の方に世界の音楽を聴きながら
やさしくわかりやすく教えて頂きながら体を動かすのが大好きです。 又、コスモスの人達共
みんな仲良く、いつも和やかに話し合ったり踊っている時がとっても楽しいし、色々の地域の、大勢の方と知り合う事が出来て本当にうれしく思っております。これからも健康と若さを保つためにいついつまでも踊り続けて、それぞれの花をいっぱい咲かせたいと思っております。

有緝ポピー  竹内 千恵子
楽しみが一つふえました。“笑顔”を大切にしたいと思っています。
ポピーの花の様、カレン(?)で仲よく輪になり、先輩達の若さを見習い、長く続けていきたいと思っています。

中島なでしこ  南 恵美子
運動不足・ストレス解消にと始めたフォークダンスですが、挫折もなく5年目を迎えました。色彩豊かな人達との出合い、ふれ合い、得るものも多く、又色々な所にも踊りに行き“おどる楽しさ、体を動かす楽しさ”が少しわかり、この頃ではフォークダンスが生活の一環となりつつあります。これからもフォークダンスをエンジョイしましょう。

民舞研  村井 正治
高柳の夜店が始まり、初日に郡上踊りを躍らせて頂きました。
 初めてフォークダンスの会合に夜店の帰りに、友人に連れられていきましたが、その時は変な踊りを踊っているグループもあるんだなぁと思って椅子に座っていたのですが、一人足らなくなって入ったのですが、振り回されっぱなしで人の足をよく踏んだものです。とても気になって踏まないように私なりに気を付けたことを思い出します。
 初めて踊る人にも、楽しんでもらえるように気を付けているところです。民舞研では少し奥のある踊りをこれからも研究していきたいと思っていますのでどうぞよろしく。

明倫ひまわり  楠木 せつ子
私がフォークダンスに出会ったのは今から4年前。私の人生の中で最もはなやかで最も楽しくリラックス出来る場所。家庭という枠の中から飛び出て思いっきり手足を動かし、大いに汗をかき、大きな声で笑う。これこそ私の健康につながる所以かもしれない。出来ればあと10年
今のままでいたいものと考えている。少し前のこと。伊勢広報の福祉だよりを読んでいたら
「充実・根気・のん気」この3つの言葉を知った。この文を書かれた人はもっときびしい現実の問題をかかえてみえて、このようなところに引用するのは申し訳ないと思う。でも私は、「フォークダンスで元気」「フォークダンスへ根気よく」「フォークダンスはのん気に(あくせくしないで楽しむの意)」なんて思わせて頂いた。みんな自分の気持ちひとつである。気持ちも動いて体も動く! 週1回のサークルが待ち遠しく、ひまわりの花のようにサークルをこよなく愛している私である。新前の会長で知らない事ばかり。会員も増え、一つの組織の中で行動しなければと分かっていても失敗してしまう。でも私のまわりの人達の大きな協力があればこそで反省しつつ“しあわせ”をかみしめている。ミニサークルが無事終了出来そうなので何よりと思っている昨今である。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK