トップへ
機関紙?

  ロンド・第67号  平成9年1月25日発行 

新しい年、平成9年の幕開けは期待?それとも不安?今年はどんな出来事がまっているのでしょうか。「笑う門には福来たる」・・・・さあ会員の皆さん、今年も良い年でありますように。一年の幸多かれを願って、フォークダンスを楽しみながら一緒に笑いましょう。頑張りましょうね!!

平成9年1月24日 第5回理事会を事務局にて開催
(議事)
1.各サークルの報告  2.各部報告  3.各行事担当報告  4.事務局より
5.タネツ舞踊団公演について  6.県理事より  7.総会準備について  8.その他

年頭にあたって
コスモス 中村倭文子
新年明けましておめでとうございます。会員の皆さまには、素晴らしき佳き日をお迎えのことと思います。昨年も色々な出来事があり、今年こそと思っていた矢先、1月早々ロシアのタンカーの油騒動、ペルー人質事件、政治家の詐欺事件等いやなニュースが飛び込んできました。が、やはり幸せに過ごせる事を祈りつつ、1日1日を大切にしたいと思っております。
私、去年の夏頃から年のせいか?踊りすぎなのか?(自分ではいつまでも若いつもりでいるけれど)右足のひざが痛くて、一時期は歩くのも大変でした。例会の時など、見ているだけの日が何日もありました。「踊るアホに見るアホ、同じアホなら踊らにゃソンソン♪」やはり、その通りで自分が情けないような気持ちになりました。
フォークダンスの楽しさ、和気あいあいの笑顔で手をつなぎ、少々痛くても踊っていると治ったような気がして・・。そして皆様に、心配やら迷惑をかけた事、申し訳なく思っております。この頃いつもお風呂のお湯につかりながら「膝さん、大事にするから、これ以上痛くしないでね。」と言い聞かせています。
今年はこの膝に負けないよう、元気に明るく前向きに踊り続けようと思っております。本年も、どうぞよろしくお願い致します。

文化部だより
1月11日(土)中村伸子先生の自宅にてお茶会(初釜)が開かれました。まだ習い始めでたどたどしいお手前ですが、それでも皆さんの楽しい笑い声がきれいな晴れ着と共に新春のよろこびとなってほのぼのと伝わってくるようでした。(出席者多数)次年度からは、お茶クラブは無くなりますが、私たちはずーと続けたいと全員そう願っています。

只今の会員名(敬称略)
中村伸子・西世古・中村倭文子・梅川・竹内千恵子・米山・浜口・宗林・井村・満・楠木

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK